メーカーによるプロテインの違い

プロテインを選ぶ場合、「A社とB社どちらにしようか?」このようにメーカーで迷う場合は意外と多いのではないでしょうか?

ではメーカーによるプロテインの違いは何があるのか?

メーカーによる違い1:タンパク質含有量

まずプロテインメーカーに異なるのが、タンパク質含有量です。プロテインは含有量によって価格が異なってくるので、コストパフォーマンスに優れているメーカーは、他社よりもタンパク質含有量が低い傾向にあります。

メーカーによる違い2:プラスαの要素

メーカーによって大きく異なるのは、プロテイン+αの要素です。+αとは、タンパク質のほかに用途によって様々な栄養素が添加されています。ようするに機能が異なると言うことなのです。

例えば体のメンテナンスにも効果を得るためビタミン類が多く含まれている製品や、ホエイとカゼインを配合することで筋肉の成長効果を持続させる機能を持ったものなどです。最近では筋肉分解の抑制効果の高いグルタミンを配合した製品など機能性に優れたプロテインも販売されています。

よって基本的には一般的なホエイプロテインで問題はないのですが、自分に必要と思う機能がプラスされているのであれば機能性で選ぶのも良いでしょう。

メーカーによる違い3:味・溶けやすさ

最もメーカーの違いが出るのが味と溶けやすさです。特に味は同じフレーバーであっても、メーカーによって風味が大きく異なります。溶けやすさに関しては、最近のプロテインはどれも高品質なので、どのメーカーも溶けやすいので、さほど気にする点ではないと思います。

味や溶けやすさは個々の主観により大きく異なる部分なので、実際に購入してみなければ分からないというのが現状です。

3つの違いからプロテインを選ぶ場合のポイント

これら3つのポイントを含めてプロテインを選ぶ場合は、「含有量」と「コスト」の両方を考慮して選ぶのが失敗しない選び方と言えます。よってメーカー自体はさほど気にするべきことではないのです。

減量対策としてプロボクサーが実際に使用している話題のダイエットサプリとは!?>>http://www.kyoei-boxing.co.jp/shape-all/

トップページ

Copyright (C) プロテイン完全ガイド. All Rights Reserved.
海外ドラマ