価格で選ぶプロテイン比較

プロテインを選ぶ場合、コストパフォーマンスで選ぶ場合が最も多い選び方ではないでしょうか?
筋肉の発達に必要なタンパク質量を補うにはプロテインを飲まなければなりません。さらにプロテインは毎日飲むべきなので、プロテイン代だけでも月額結構なコストとなってしまいます。

一袋数千円で買える製品は、確かに見た目は安いのですが、実際は10食分程度しか容量がないので、あっという間になくなってしまい、トータルで考えた場合、割高となってしまいます。

容量の違いでコストパフォーマンスを比べてみよう

例:筋トレを日常的に行う場合の一般的なプロテイン摂取量の、毎日2杯を飲む場合で考えます。
(※人気の高い「DNS」のプロテインホエイ100を例)

DNSのプロテインホエイ100の製品は容量が350g1,000g3,000gの3種類があります。1食分は約33gとなっています。

・容量350g  / 約10食分 1,680円  →1食分のコスト:168円
・容量1000g / 約30食分 4,095円  →1食分のコスト:136.5円
・容量3000g / 約90食分 11,025円 →1食分のコスト:122.5円

毎日2杯プロテインを飲んだ場合、月間60杯分必要となります。上記の1食分あたりのコストで計算したら

・容量350g  /168円×60食=10,080円
・容量1000g / 136.5円×60食=8,190円
・容量3000g / 122.5円×60食=7,350円

月計算するとプロテイン製品の容量でこれだけコストパフォーマンスが異なってくるのです。

DNS プロテインホエイ100

よってプロテインを選ぶ場合は、容量1kgか3kgの製品を選ぶのが、コストパフォーマンスに優れているのでお買い得となります。

DNS プロテインホエイ100 3000g


減量対策としてプロボクサーが実際に使用している話題のダイエットサプリとは!?>>http://www.kyoei-boxing.co.jp/shape-all/

トップページ

Copyright (C) プロテイン完全ガイド. All Rights Reserved.
海外ドラマ